業績・社会貢献

論文 2017年

吉田拓哉・中川敦子 有酸素運動が注意機能に与える影響の検討 人間文化研究 29号 87-99.
[名古屋市立大学人文社会学部人間文化研究課研究紀要]

Kamio, Y., Takei, R., Andrew, S., Aya, S., Nakagawa, A. Impact of Temperament and Autistic Traits on Psychopathology in School-Age Children. Journal of Child Psychology and Psychiatry, 124, 1-7.
[DOI]

Kanzaki, N., Kubota, K., Nakagawa, A. Relations between Temperament and Metacognition and Frames of Reference in Behaviors in Public Situations in Early and Middle Adolescence: An Analysis of Age Stages. Frontiers in Education, 3,
[DOI]

論文 2016年

乳幼児期の睡眠・覚醒と気質の制御機能の関係について ―生後1月から3歳までの縦断研究―
中川 敦子・鋤柄 増根  小児保健研究 75, 775-781

Nakagawa,A., Sukigara, M., Miyachi, T., Nakai, A. Relation between Temperament, Sensory Processing and Motor Coordination in 3-Year-Old Children. Frontiers in Psychology, 2016 Apr 29;7:623.
[DOI]

論文 2015年

中川敦子 注意の初期発達:「イタイのイタイの」は本当に飛んでいくのか?
小児歯科臨床 vol. 20 21-26, 2015

Sukigara, M., Nakagawa, A., & Mizuno,R. Development of a Japanese Version of the Early Childhood Behavior Questionnaire (ECBQ) Using Cross-Sectional and Longitudinal Data. SAGE Open, Jun 2015, 5 (2)
[DOI]

論文 2014年

Nakagawa, A., Sukigara, M.,The Effects of Soothing Techniques and Rough-and-Tumble Play on the Early Development of Temperament: A Longitudinal Study of Infants. Child Development Research Volume 2014 (2014), Article ID 741373, 10 pages
[DOI]

論文 2013年

Nakagawa, A., Sukigara, M. Individual differences in disengagement of fixation and temperament: Longitudinal research on toddlers. Infant Behavior and Development, 36, 728-735.doi: 10.1016/j.infbeh.2013.08.001
[Pubmed]

Nakagawa, A., Sukigara, M. Variable coordination of eye and head movements during the early development of attention: A longitudinal study of infants aged 12-36 months. Infant Behavior and Development, 36, 517-525. doi: 10.1016/j.infbeh.2013.04.002
[Pubmed]

論文 2012年

Slobodskaya, H.R., Gartstein, M., Nakagawa, A., Putnam, S. Early temperament in Japan, US and Russia: do cultural differences decrease with age? Journal of Cross-Cultural Psychology, doi: 10.1177/0022022112453316
[DOI]

Nakagawa, A., Sukigara, M. Difficulty in disengaging from threat and temperamental negative affectivity in early life: A longitudinal study ofinfants aged 12-36 months. Behavioral and Brain Functions, 8; 40 (on line) 2012
[DOI]

論文 2011年

論文 2010年

Nakagawa, A., Sukigara, M. Two Temperamental Characteristics, Approach and Inhibition/Fear, and Saccadic Responses in Infancy.International Journal of Psychology and Psychological Therapy 10, 349-362.  
International Journal of Psychology and Psychological Therapy

Gartstein, M.A., Slobodskaya, H.R., Zylicz, P.O., Gosztyla, D., Nakagawa, A. A cross-cultural evaluation of temperament: Japan, USA, Poland and Russia. International Journal of Psychology and Psychological Therapy, 10, 55-77.
International Journal of Psychology and Psychological Therapy

中川敦子・鋤柄増根・水野里恵 乳児の注意機能と気質の発達について 神経心理学 26, 210-218.

中川敦子・鋤柄増根 気質の発達と遊び・なだめ方 小児保健研究 69, 657-665.

水野里恵・中川敦子・鋤柄増根 日本の子どもの行動的抑制の発達過程:12~24ヶ月齢の縦断的実験観察データの分析を交えた理論的考察
中京大学心理学研究科・心理学紀要 10, 1-8.

2009年以前ならびにその他

社会貢献

2013年以降に開催された市民向け講座の概要をご紹介します。

【2017年 名古屋市立大学連携講座((4回シリーズ)】
講座テーマ
  6月19日 第4回 女性のココロと脳

【2016年 高年大学鯱城学園】
講座テーマ
 認知心理学 ~脳をストレッチしよう
開催日と講座内容:
 11月25日  注意は有限:見ているようで気づいていない
 11月30日  同上

【2015年 エコチル調査 ぷち講座】
講座テーマ
 目の動きから赤ちゃんを知ろう!
開催日と会場:
 10月23日  一宮サテライトオフィス
 10月30日  北区サテライトオフィス

【2014年 高年大学鯱城学園】
講座テーマ
 「脳と認知の発達について」
開催日と講座内容:
 11月12日  心理学:”注意”とは何だろう?
 11月14日   同 上

【2013年 女性会館主催講座】
講座テーマ
 「心理学~脳の本性とうまくつきあおう~」
開催日と講座内容:
 6月28日  平面に奥行をみる『化粧』
 7月 5日   無意識の学習『センスは磨ける』
 7月12日  情動のコントロール『脳は変わる?』

※写真は2013年、女性会館にて行った市民講座の様子です


このサイトはスマートフォン、タブレットからもご覧いただけます