教養教育・語学プログラムの履修


(1)科目区分と修得必要単位数

教養教育の語学科目には「英語」と「その他の言語」の2つの科目区分があります。それぞれの科目区分から科目を選択し、必要単位数分を履修します。科目区分ごとの 修得必要単位数は以下の通りです。

科目の種類、単位数、開講学期等については、2.「英語」科目の紹介、3.「その他の言語」科目の紹介を参照してください。


全学部学科  ※人文社会学部(国際文化学科)を除く

科目区分 科目区分ごとの最低修得必要単位数と制約
英語 6単位
その他の言語 4単位 「〇〇初級1,2 」、〇〇語入門 から選択 ※留学生は、日本語上級1,2 も選択可

人文社会学部(国際文化学科)

科目区分 科目区分ごとの最低修得必要単位数と制約
英語 12単位 [A] Issues in Society (IS)から4単位、[B] Action in English (AE)から4単位を含む
その他の言語 4単位 「〇〇初級1,2 」、〇〇語入門 から選択   ※留学生は、 日本語上級1,2 も選択可

(2)履修登録

英語:

「•英語」科目の履修登録(抽選)は学期ごとに行います。

• 各学期に登録できる英語科目の単位の上限は4単位です。(前期に英語の単位が0もしくは、1単位しか取れなかった場合は、後期には修得必要単位数(6単位)に必要な単位数までの履修を認めます。国際文化学科の学生は、1年前期、1年後期、2年前期の3学期とも、上限は4単位とし、2年後期以降には、修得必要単位数(12単位)に必要な単位数までの履修を認めます。抽選に外れ、4単位分の履修ができなかった学生は、教務企画室窓口で履修登録が可能です。詳細は「教養教育履修要項」で確認して下さい。

その他の言語:

•「その他の言語」の修得必要単位として算入できる科目は、入学手続き時に提出した『その他の言語選択届』に基づき、履修調整を行います(1年前期2単位、1年後期2単位、計4単位)。調整結果は4月の履修登録時に確認できます。

•「〇〇語初級会話1、2」「(その他の言語」の修得必要単位としては算入できない科目)については、各学期の履修登録期間に履修登録を行います。

© 2020 名古屋市立大学ランゲージセンター