その他の言語科目一覧

「その他の言語」として以下の10言語の科目を開講しますので、その中から好きな科目を履修してください。留学生用には日本語の科目も開講します。

言語 開講科目
1年前期 1年後期

ドイツ語

ドイツ語初級1
ドイツ語初級2
ドイツ語初級1
ドイツ語初級会話1
ドイツ語初級会話2

フランス語

フランス語初級1
フランス語初級2
フランス語初級1
フランス語初級会話1
フランス語初級会話2

中国語

中国語初級1
中国語初級2
中国語初級1
中国語初級会話1
中国語初級会話2

韓国語

韓国語初級1
韓国語初級2
韓国語初級1

スペイン語

スペイン語初級1
スペイン語初級2
スペイン語初級1

日本手話

日本手話初級1
日本手話初級2
日本手話初級1

ポルトガル語

ポルトガル語入門

ロシア語

ロシア語入門

イタリア語

イタリア語入門

アラビア語

アラビア語入門

日本語(私費留学生用)

日本語上級1
日本語上級2
日本語レポート作成1
日本語レポート作成2

日本語(交換留学生用)

日本語リーディング•リスニング1
日本語プレゼンテーション1
日本語ライティング1
日本語ディスカッション1
日本語リーディング•リスニング2
日本語プレゼンテーション2
日本語ライティング2
日本語ディスカッション2
  1. .............で囲んだ科目(例:ドイツ語初級1)は、科目区分「その他の言語」の修得必要単位として算入できる科目です。 ⇒『その他の言語選択届』により履修科目を決定します。
  2. .............で囲まれていない科目(例:ドイツ語初級会話1)は、科目区分「その他の言語」の修得必要単位として算入できませんが、一部の学部(薬学部、経済学部、人文社会学部、芸術工学部)では、卒業必要単位として算入することができます。 ⇒ 入学後に履修登録します。
  3. 1科目の単位数は、すべて2単位です。
  4. 各クラスの定員は35名程度を予定しています。


履修について
.............で囲んだ科目を、前期、後期にそれぞれ1科目(2単位)ずつ履修します。
別紙『語学科目の選択について』に、前期と後期のすべての組み合わせパターンが記載されていますので参照してください。

履修例
【例1】 ★標準的な履修モデルです。 ドイツ語、フランス語、中国語、韓国語、スペイン語の基礎を1年通して勉強したい。
1年前期 1年後期
○○語初級1
○○語初級2
※ ドイツ語、フランス語、中国語で、会話もしっかり勉強したい学生は、同一言語の「○○語初級会話1」「○○語初級会話2」を同時に履修することも可能です。
※ 人文社会学部(国際文化学科)では、2年次に専門教育科目(選択科目)として、さらに学びを深めたい学生向けの科目(中級)を提供する予定です。(他学部の学生も履修可能となる予定です。)

【例2】隣国の言語に少しずつ触れてみたい。
1年前期 1年後期
中国語初級1
韓国語初級1

【例3】未知の言語に挑戦してみたい。
1年前期 1年後期
スペイン語初級1
アラビア語入門

【 例4】手話を勉強してみたい。
1年前期 1年後期
日本手話初級1
日本手話初級2